最後の誕生日

こんばんは。講師の飯田です。

 

今日は、私の知人(享年21歳・男性)の誕生日です。

もう亡くなって6年が経ちます。

彼が最後に書いた日記を皆さんに紹介したいと思います。(本人の了解を得ています。)

彼は3月に胃ガンの宣告を受け、6月に胃の全摘出手術を受けました。

ところが、7月に食道への転移が発見され再手術、もう手の施しようがない状態で、余命は1か月と言われ、その秋に亡くなりました。

 

<日記>

○月○日に退院出来る様に、申請しました。

次の日が誕生日だから。

もう病院に居ても意味が無いから。

手の施し様が無いから。

僕はいっつも、病院で誕生日を迎えていたから、自分へのプレゼントに。

抗がん剤の副作用で、左目は、ほぼ失明、右目は視力が0.01くらい。

自慢の声はガラガラ、サラサラヘアーは、抜け落ちてしまいましたが。

退院したら、ターミナルケアに入ります。

自分のしたい事を、残りの時間を精一杯に使いたいと思います。

さっきまで、子供みたいに泣いてました。

不安で怖くて。

隠された砂時計の音が聞こえるみたいで。

悔しくて、苦しくて。

無理矢理、死への階段を登らせているみたいで。

悲しくて、寂しくて。

僕が僕でいる意味が、失われていくから。

悔しいな。もっと生きたかった。

まだ詩を書きたかった。

お腹いっぱい、美味しい物を食べたかった。

大声で歌いたかった。昔みたいに走りたかった。

海を見たかった。

ギター弾いたり、お洒落したり、買い物とかドライブもしたかった。

22才の誕生日は、何かあるかな?

本当のお父さんに会いに行こう。

両親にお礼を言おう。弟に本をあげよう。

もっと生きたかったな。

贅沢な我が儘かな。

車椅子や、ベッドやストレッチャーからの景色には飽きたから、

退院したら、何もかもを、目に焼き付けよう。

蝉の声を、沢山聴こう。

儚い所が似ているから。

蛍も見たいな。

雨や太陽を沢山浴びたいな。

後悔、沢山あるから、一つでも少なくしたいな。

感謝、沢山言いたいから、家族と一緒に居たいな。

涙、流したから、沢山笑いたいな。

もうすぐ僕の誕生日

僕の最後の誕生日

 

お互い無常の命です。

 

何のための人生か、悔いなき一生を送らねばと思わずにおれません。