後悔しない今を生きるための自分の軸を仏教に学ぶ

「家と会社の往復の毎日。これをずっと繰り返すだけって何かむなしい」

「転職までは考えていないけど、今のままでいいのかな?」

と、いまいちモチベーションが上がらずに悩んでいる人が多いようです。

それなりに充実している一方で、将来に漠然とした不安を抱えている人もあります。

これは、自分の人生の軸や進んでゆく行き先、生きる目的がぼやけていることに原因があります。

何のために働いて生きてゆくのか、という目的がハッキリしていれば

壁にぶつかっても頑張る意欲が湧いてきます。

しかし、意外と多くの人が、生きる目的と、

仕事や資格、趣味といった生きるための手段を混同しているので

人生の軸がわからなくなってしまいます。

この生きる目的と手段とはどう違うのかについて教えられたのが

仏教を説かれたブッダ(お釈迦様)です。

この違いについて、ブッダの言葉をヒントに、自分の軸について振り返ってみたいと思います。

 


<内容>

・「何かが足りない、どこかムナシイ…」充実感の中に潜む空虚感

・自分の人生の軸を見つけるためのポイントを抑える

・私たちは何のために生きるのか


<参加者の感想>

「生きる意味・目的の説明がとても分かり易く、考える手立てを得たように思います。」

「本当に大切なことは何なのか見なおす機会となりました。」

「自分自身の使命について、3年ぐらい前から考える機会がありましたが、仏教に関しては恥ずかしながら学んだことがなかったので、もろもろの言葉が勉強になりました。」