他人の評価に悩んだ時には

「人にどう思われているか気になり、いつも不安になる」

「自分のことが好きになれずにツライ」

と、他人の評価や、自己評価の低さに悩んでいる方も多いでしょう。

どうすればそんな悩みをなくし、精神的に健康に生きられるのでしょうか?

それには、「ありのままの自分を受け入れること」です。

ありのままの自分を受け入れる(自己受容する)ことができれば、
他人の評価に振り回れて悩むことも、
自己嫌悪に陥ってツライ思いをすることはなくなるのです。

では自己受容するにはどうすればいいのでしょうか。

それにはまず、「ありのままの自分とは何か」を知らなければなりません。

そんな「ありのままの自分」を教えられたのが、
仏教を説かれたブッダ(お釈迦様)です。

人工知能研究の第一人者であるM・ミンスキー(元MIT教授)は
「ブッダは実に優れた心理学者であり、人間の心を知るのに仏典は比類なきテキストになる」
とお釈迦様を称賛しています。

仏教ではそれほど、人間の姿について詳しく教えられているのです。

講座では初めて仏教は学ばれる方にも「ありのままの自分とは何か」をわかりやすくお話しします。

 


<講座コンテンツ>

• どうして他人の評価に振りまわされてしまうのか?
その原因は「ありのままの私」がわからないから

• ありのままの私がわからない2つの壁

• ありのままの私を知るキーワード-『法鏡(ほうきょう)』とは?

• 自己受容することで得られる素晴らしい効果

 


<参加者の感想>

今まで自分のことは自分が一番よく分かってると 思っていましたが…私のことなのに、よく分かっていなかったことが分かりました。初めての参加でしたが、仏教の言葉を私にも分かる言葉で話されるので、とてもよく分かりました。(女性)

心理分析等で自分の傾向を知ることに一時期ハマっていましたが、どうも納得できないままでした。ですが、本日の講義で仏教で教えられる「本当の私」を知り、心理分析では今ひとつスッキリしなかった点がハッキリとわかり、これからの生き方に自信が持てました。(男性)