B-Classとは

ちょっと深いことを考える人のための学びのコミュニティです。

「忙しい毎日の中で、ふとした時にむなしさを感じる…」

「今はうまくいっているけれど、このままで大丈夫なのかと何だかモヤモヤする…」

「必死に働かなくても、生きていけるけれど、将来が不安で人生が楽しくない…」

といったような、考え始めるとなんだか夜眠れなくなりそうことをテーマに勉強会を開いています。

個人としても自立して、周りの人のことも考えられる人の集まりにしていきたいと思います。

 

 

仏教徒のことを英語で「Buddhist」と言いますが、一口に仏教と言っても人それぞれ色々なイメージを持っているようです。

「山やお寺に籠もって、座禅や修行をするもの」

「お葬式や法事をして、亡くなった人を弔うため」

「お経の中には、何か深いことを書かれていそう」

などなど。

私は高校の倫理の資料集にお釈迦様(ブッダ)の言葉が紹介されていて、何か深いことがあるのかな、くらいの理解でした。

あとは、修学旅行で奈良や京都に行きましたが、寺院や仏像の造形としての美しさや雰囲気が大好きでした。

 

仏教で生きてゆく時に大切なことを見つめ直す

仏教を説かれたお釈迦様(ブッダ)は、王族に生まれ、とても恵まれた環境で成長されました。

現代で言えば、とても裕福な家庭に生まれて、頭もよくて学業優秀、運動神経もよくてスポーツ万能、と言ったところでしょうか。

もし自分にそんな才能があって、恵まれた境遇に生まれていたらなぁ…、と思う人も多いのではないでしょうか。

そんなお釈迦様(ブッダ)も、人知れず悩みを抱えていました。じつはそれは、現代の私達が感じている漠然とした不安にも通じている悩みだったのです。

仏教には、私達が後悔のない人生を生きる時に、あるいは自信一杯輝いた時間を送るために、または心から豊かな生になるのに大切なことが教えられています。

ですから、お釈迦様(ブッダ)が教えられたことを学ぶことによって、私達は心から充実して生きてゆくことができるのです。

 

仏教をカジュアルに学べる場所

ところが、いざ学ぼうと思うと、意外と敷居が高いのが仏教でもあります。

まず、使われている言葉が漢字ばかりで難しく感じます。ちょっとしたブームになったこともあって、関連書籍は多くなっては来ましたが、わかりやすい書籍もあれば、そうではないものもあります。

マインドフルネスや瞑想、ヨガ、座禅や写経なども、ようやく認知されるようになってきました。

そもそも、日常に感じるちょっと深い哲学が、仏教と深い関係がある、ということがほとんど知られていません。

そんな仏教をもっとカジュアルに触れられる学びの場があったら、という思いで立ち上げました。

 

 


管理人

りょう

東京都青梅市出身
電気通信大学人間コミュニケーション学科卒業
趣味は野球とカラオケ。中学生の時はバンドに、高校・大学ではアニメにハマる。大学卒業後はAKB48を追いかけ、現在好きなアーティストはUVERworldと欅坂46。

(経歴)
2003年8月 高校野球引退 自分の人生について考え始める
2004年4月 大学の古典哲学研究会で、哲学や仏教学を学び始める
2004年9月 浄土真宗親らん会に通い浄土真宗学を専門に学び始める
2014年3月 都内の1からわかる仏教講座に参加するようになる

中学、高校と野球部で毎日練習に明け暮れていました。高校3年の夏、引退した時にふと、何とも言えない淋しさやむなしさを感じ、「これから何を中心にして生きていったらいいのだろう…」と、自分の人生について考えるようになりました。そこから哲学や心理学、仏教に関心を持ち、勉強会や法話に参加。現在はフリーの僧。