NO IMAGE

EQ セルフチェック

NO IMAGE

EQ セルフチェック

 

以下のそれぞれの質問に対して、自分ではどの程度できると思うか、1から5の中から選び、あてはまる数字を選択してください。

1.ほどんどできない
2.あまりできない
3.普通
4.できるほうだ
5.よくできる

 

【質問】

<A>

①自分が何を感じているかを、いつも理解することができる

②自分の気持ちに変化が生じたとき、それを敏感につかむことができる

③はなしをしている相手の表情の変化にすぐ気づくことができる

④表情や態度から、その人の気持を察することができる

⑤しぐさや表情で自分の感情を伝えることができる

⑥話をしていて、相手が自分に何を言ってほしいか分かる時がよくある

<A>の合計 … [  ]

 

<B>

①集中して物事を行うために、自分の気持ちをコントロールすることができる

②課題解決のために、その場のムードを適切に変えることができる

③物事を始めるとき、積極的な気持ちをつくりだすことができる

④新しい業務に就いても、何とかやっていけると思える

⑤相手が感じていることを、自分のことのように感じることができる

⑥映画やドラマの登場人物といっしょに泣いたり笑ったりすることがよくある

<B>の合計 … [  ]

<C>

①相手が怒っている理由はなにかが分かる

②相手の感情がどのように変化していくかが予測できる

③相手がなぜそのような言動をとるのか、その動機を理解できる

④「イラ立ち」と「怒り」の違いを説明できる

⑤うれしいと感じた時、なぜそのように感じているかを説明できる

⑥感情がどのように変化するかの基本的なかたちを知っている

<C>の合計 … [  ]

 

<D>

①自分が感情的になった時、どのように対処したらよいか考え、実行できる

②人間関係のトラブルを、相手の気持ちに配慮しながら解決できる

③相手や状況に応じて、自分の感情をコントロールできる

④人間関係で問題が起こった時、一方的に相手を責めるようなことはしない

⑤感情が高ぶっている相手に働きかけて落ち着かせることができる

⑥どれだけ感情が高ぶっても、感情のまま行動することはしない

<D>の合計 … [  ]

<あなたのEQ能力のバランスは?>

4つの項目について各質問の点数を合計してみましょう。

 

<A>感情の識別

人が感じている感情を正確に識別し、 自分の感情を正確に認識する能力

 

<B>感情の利用

重要な出来事に注意を向け、何らかの行動をとるための 準備をし、思考プロセスを導き出し、問題解決の手助けに なるように感情を利用する能力

 

<C>感情の理解

感情が生じる原因や感情の規則性、あるいは感情に 関する知識を理解し、起こり得る事態を分析する能力

 

<D>感情の調整

感情に対して心を開いた状態を保ち、集めた感情に 関する情報を意図的に選択し、思考や問題解決、 判断や行動に感情を活用する能力