開催概要:ココロとカラダの健康セミナー

厳しかった暑さも和らぎ、秋も近づいてきましたね。

食材もおいしく、旅行にも絶好の時期ですが、

「最近、体が重くて、やる気が出ない」

「季節の変わり目で、体調が悪くてだるい」

など、季節の変わり目には心身の不調を訴える人があります。

健全な精神は、健全な身体に宿ると言われます。

そこで今回は趣きを変えて、医師と布教師のお二人をお招きし「ココロとカラダの健康セミナー」として、心身ともにより健康になれるヒントを学びたいと思います。

 

【コンテンツ】

(前半)

「人体への入り口、鼻の健康力アップ」

耳鼻咽喉科で花粉症治療の専門家、徳永医師からは、主に鼻炎の仕組みと予防についてお話をしていただきます。

段々と寒くなるこの時期、鼻腔へのストレスが大きくなっていきます。また、現代は、春先のスギやヒノキに代表されるアレルギー性鼻炎の罹患者数は20%を超えていると言われます。秋頃にも、ブタクサやヨモギの花粉で苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。

鼻は人体が空気を取り込む入り口ですから、鼻の健康とは体全体の健康の土台でもあります。鼻腔の健康力アップについて、専門医の先生にお話をしていただきます。

 

(後半)

「ココロが自動的に健康になる、利他の精神のススメ」

後半は、心を健康にする「利他の精神」について、若くして日本各地での講演経験のある布教師の先生にお話をしていただきます。

ミリオンセラー「嫌われる勇気」のアドラー心理学でおなじみ、心理学者のアルフレッド・アドラーは、ある精神疾患を抱えた患者に、「他人への親切」を治療法として伝えたと言われます。

「利他」とは仏教の言葉で、「他人を利する=他人を幸せにしようとする言動」のことです。「情けは人の為ならず、巡り巡って自分に返ってくる」と言われるように、誰かの幸せを念じて、相手を幸せにする行為は、自分自身の幸福感となり、精神的な活力となります。

そんな利他の精神を仏教の経典の言葉からお話をしていただきます。

 

◆開催概要◆

日時:10月4日(金)19:00~21:00

会場:横浜市開港記念会館・4号室

所在地:横浜市中区本町1-6

アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分/JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分

定員:15名(定員に達し次第、締め切りますので、お早めにお申込み下さい。)

参加費:2000円(当日、会場受付にて)

 

◆タイムテーブル◆

19:00 イントロダクション、アイスブレイク

19:10 カラダの健康編

19:50 休憩(10分)

20:00 ココロの健康編

20:40 アンケート記入、質疑応答

21:00 終了

 

◆講師プロフィール◆

徳永貴広医師

昭和50年、神奈川県生まれ。耳鼻咽喉科医。
富山医科薬科大学医学部卒業(現・富山大学)。
福井大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科医学研究支援センター特命助教。
第12回日本アレルギー学会学術大会賞。
趣味は、楽器演奏(エレクトーン、ギター、クラリネット)。

水上拓講師

昭和63年、北海道生まれ。仏教講師、浄土真宗布教師。
早稲田大学文化構想学部卒業。
大学卒業後、養成課程を経て、仏教講師に。
関東圏だけでなく京都府、新潟県、香川県、石川県などでも講演を開催。
他に個別レッスン、ウェブセミナーもおこなっており、開催回数は、年150回以上。
最近、インターネット上での動画配信も開始。
趣味は、陸上競技観戦とお笑い。

 

【参加にあたっての注意事項】

〇他のイベント案内からの申込み状況により、定員に達する前に申込みを締め切ることがありますのでご了承ください。

〇ネットワークビジネスの勧誘、営業活動などは、他の参加者の迷惑になりますので禁止です。